冷水・42度は嘘!?洗顔の温度の適温が32~34度の理由を徹底解説

【冷水・42度は嘘!?】洗顔の温度の適温が「32~34度」の理由を徹底解説
  • 洗顔の適温って何度なの?
  • 肌断食のため冷水での洗顔は有り?
  • 42度のお湯で洗うのってダメなの?

まず結論からいいますと、洗顔の温度の適温は32~34度のぬるま湯です。

32~34度のぬるま湯がオススメな理由は、下記の6つになります。

32~34度がオススメな理由
  • 【理由①】冷水だと皮脂が落ちないため
  • 【理由②】42度だと肌が乾燥するため
  • 【理由③】毛穴奥の汚れも落とせるため
  • 【理由④】肌の汚れが落とせるため
  • 【理由⑤】ニキビの予防につながるため
  • 【理由⑥】肌のベタつきが抑えられるため

もし、洗顔の温度を間違えてしまうと、ニキビや肌荒れの原因になることも…。

猫永(洗顔エキスパート)

この記事では、200種類の洗顔料を使ってきた洗顔エキスパートの私が、洗顔の適温が32~34度の理由と冷水や42度のお湯がダメな理由までお伝えします。

プロフィール
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

洗顔の温度の適温が32~34度な6つの理由

では詳しく見ていきましょう。

【理由①】冷水だと皮脂が落ちないため

1つ目の理由は、冷水だと皮脂が落ちないためです。

この皮脂が溶け始めるのが、32度前後となっているためです。

冷水だと、皮脂が溶けずに「ニキビ」や「肌荒れ」になってしまうのです。

そのため、冷水ではなく皮脂が溶け始める、32~34度のぬるま湯で洗顔をしましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

ニキビや肌荒れを防ぐためにも、32~34度のぬるま湯で洗う。

皮脂とは?
皮脂(ひし)とは、皮膚からできる脂でテカリやベタつきの原因のことです。

【理由②】42度だと肌が乾燥するため

2つ目の理由は、42度だと肌が乾燥するためです。

42度など熱すぎると、余分な皮脂が奪われてしまい肌が乾燥するのです。

アヤナスなどでも有名な、ディセンシアも下記のような研究結果を発表されています。

<水分蒸散量>25℃、36℃、42℃のお湯で洗顔をした時の水分蒸散量を調べたところ、お湯の温度が高くなると洗顔直後から水分蒸散量が高くなり、42℃では洗顔後時間が経過しても水分蒸散量が高いままでした。

引用:NEWS LETTER

つまり、42度など熱いお湯で洗うと、時間が経過しても肌が乾燥しやすくなるということです。

ちなみに、肌が乾燥すると「肌荒れ」の原因になるため危険なのです。

そのため、肌を乾燥させないためにも、32~34度のぬるま湯で洗いましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

42度の熱いお湯で洗顔をすると、肌荒れの原因になる。

【理由③】毛穴奥の汚れも落とせるため

3つ目の理由は、毛穴奥の汚れも落とせるためです。

そもそも、冷たい水だと毛穴が閉じてしまうため、毛穴汚れが落とせません。

ですが、32~34度のぬるま湯だと、毛穴を適度に開くことができます。

毛穴が適度に開くことで、毛穴奥の汚れを落とすことができるのです。

そのため、毛穴汚れを落とすためにも、32~34度のぬるま湯で洗顔をしましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

32~34度のぬるま湯は、毛穴を開くため汚れが落としやすくなる。

【理由④】肌の汚れが落とせるため

4つ目の理由は、肌の汚れが落とせるためです。

32~34度のぬるま湯だと、水では落とせない「皮脂」などの汚れが落とせます。

ぬるま湯で落とせる汚れ
  • 皮脂
  • スキンケアの油分
  • 酸化した油汚れ

このように、肌についている油汚れがぬるま湯だと落としやすくなるのです。

もし、油汚れを放置すると「ニキビ・吹き出物」の原因になってしまいます。

そのため、しっかりと32~34度のぬるま湯を使って洗い流すようにしましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

ニキビを防ぐためにも、皮脂やスキンケアの油分もぬるま湯で落とす。

【理由⑤】肌のベタつきが抑えられるため

5つ目の理由は、肌のベタつきが抑えられるためです。

肌のベタつきやテカリの原因は、肌が乾燥していることです。

肌が乾燥すると、「肌を守らなきゃ!」と皮脂を分泌します。

皮脂の分泌量が増えることで、顔がテカったりベタついたりしてしまうのです。

肌が乾燥する原因としては、熱いお湯で洗ったりスキンケアをしないことになります。

つまり、「ぬるま湯で洗顔」&「スキンケア」によって、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

猫永(洗顔エキスパート)

32~34度のぬるま湯で洗うことで、肌のベタつきやテカリを抑えれる。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

【理由⑥】ニキビの予防につながるため

6つ目の理由は、ニキビの予防につながるためです。

ニキビができる原因は、皮脂の分泌量が増えることで毛穴がつまることです。

ニキビの原因
  1. 肌が乾燥する
  2. 皮脂の分量が増える
  3. 毛穴がつまる
  4. アクネ菌が増殖する
  5. ニキビができる

そして、肌が乾燥する原因は、熱いお湯で洗顔をして皮脂を必要以上に洗い流すことです。

そのため、皮脂を必要以上に落とさないためにも、ぬるま湯で洗うことを意識しましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

ニキビを予防するためにも、32~34度のぬるま湯で洗顔をする。

洗顔の温度で意識したい2つのポイント

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】少し冷たい温度を意識する

1つ目のポイントは、熱少し冷たい温度を意識することです。

洗顔に適温な32~34度は、手や顔で触れたときに「少し冷たい温度」が目安です。

温かいと感じる温度だと、肌が乾燥する可能性があるため注意しましょう。

逆に、目が覚める程に冷たい場合は顔の皮脂が落とせないため、少し冷たいと感じる温度に設定しましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

32~34度のぬるま湯は、手や顔で触れると少し冷たいと感じる温度。

【ポイント②】シャワーを使うなら温度を下げる

2つ目のポイントは、シャワーを使うなら温度を下げることです。

シャワーの適温は、38~42度となっています。

しかし、38~42度だと洗顔では熱すぎるため、肌の乾燥の原因になるのです。

お風呂で洗顔をするときは、必ず温度を下げてから洗うようにしましょう。

また、シャワーの水圧は強いため、必ず水圧を1/3ほど弱めてからすすぐようにしましょう。

正しいお風呂で顔を洗うタイミングについては、下記の記事を参考にしてください。
»お風呂で男が洗顔をするベストタイミング

猫永(洗顔エキスパート)

シャワーで顔をすすぐなら、温度と水圧を弱めて使う。

メンズ洗顔の正しいやり方

32~34度ぬるま湯で洗顔をする正しいやり方は下記の7ステップです。

メンズ洗顔のやり方
  1. 手を洗う
  2. 顔の予洗いをする
  3. 洗顔料を泡立てる
  4. Tゾーンから泡をのせる
  5. ぬるま湯ですすぐ
  6. タオルで優しく拭く
  7. スキンケアをする

メンズ洗顔のポイントは、短時間で洗うことです。

泡を長時間のせて洗うと、皮脂が流れてしまい乾燥しやすくなるのです。

肌が乾燥すると、「肌荒れ」の原因になってしまいます。

そのため、顔に泡をのせたら10~20秒で洗い流すようにしましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

肌荒れを防ぐためにも、泡をのせてから10~20秒で洗い流す。

正しいメンズ洗顔のやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズ洗顔の正しいやり方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!