日焼け止めを外出30分前に塗るのは嘘!?【塗るタイミングを徹底解説】

日焼け止めを外出30分前に塗るのは嘘!?【塗るタイミングを徹底解説】
  • 30分前に塗らないと効果がないの?
  • 日焼け止めを塗るタイミングはいつ?
  • 塗ってすぐに効果はないの?

まず結論からいいますと、「日焼け止めを外出30分前に塗らないと効果がない」というのは嘘です。

30分前に塗るのが嘘の理由はこちらです。

30分前に塗るのが嘘の理由
  • 【理由①】塗ってすぐに効果があるため
  • 【理由②】浸透させなくていいため

日焼け止めを塗るタイミングを間違えてしまうと、肌のハリ不足の原因になることも…。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、50種類以上の日焼け止めを使ってきたスキンケアエキスパートの私が、日焼け止めを外出30分前に塗るのが嘘の理由についてお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

日焼け止めを外出30分前に塗るのは嘘【2つの理由】

外出30分前に日焼け止めを塗らないと効果がないというのは嘘です。

嘘の理由については下記2つがあるためです。

30分前に塗るのが嘘の理由

では詳しく見ていきましょう。

【理由①】塗ってすぐに効果があるため

1つ目の理由は、塗ってすぐに効果があるためです。

日焼け止めは、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤(さんらんざい)」の2種類があります。

どちらも、肌の上に膜(まく)を作ることで紫外線を防いでくれます。

日焼け止めの仕組み

種類仕組み
紫外線吸収剤紫外線を吸収して防ぐ
紫外線散乱剤紫外線を反射させて防ぐ

つまり、日焼け止めは肌に塗ったその瞬間から効果を発揮するのです。

そのため、外出30分前ではなく直前に塗れば大丈夫です。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は塗ったその瞬間から効果がある。

【理由②】浸透させなくていいため

2つ目の理由は、浸透させなくていいためです。

外出30前に日焼け止めを塗る理由は、「肌に浸透させるため」といわれています。

ですが、日焼け止めは肌の上に膜を貼って防いでくれるアイテムです。

化粧水や乳液とは違い、肌に浸透させる必要がないのです。

そのため、外出30分前ではなく家を出る直前で大丈夫です。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは肌に浸透させなくていい。

メイクをする場合は30分前

日焼け止めを塗った直前にメイクをするとヨレてしまいます。

そのため、メイクをするときは30分前に日焼け止めを塗りましょう。

30分前に塗ることで肌になじみ、メイクがヨレなくなるためです。

日焼け止めを塗る2つのタイミング【メイクの有無】

日焼け止めを塗るタイミング

では詳しく見ていきましょう。

【メイクなし】外出する直前に塗る

メイクをしない場合は、外出する直前に塗って大丈夫です。

日焼け止めは塗ってすぐに効果を発揮します。

肌に浸透させる必要はありません。

そのため、家を出る直前に塗って大丈夫なのです。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは家を出る直前に塗って大丈夫。

【メイクあり】メイクをする30分前に塗る

メイクをする場合は、メイクをする30分前に塗りましょう。

日焼け止めを塗ってすぐにメイクをするとヨレてしまいます。

この理由ですが、日焼け止めが肌になじんでいないためです。

メイクをする30分前に日焼け止めを塗ることで、肌になじみヨレなくなります。

そのため、メイクをする30分前に日焼け止めを塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

メイクをするなら日焼け止めを30分前に塗る。

日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP5

メンズ用の日焼け止め
おすすめ人気ランキング
  • 1位:ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス
  • 2位:NULL 日焼け止め メンズ ウォータープルーフ
  • 3位:ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ
  • 4位:ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル
  • 5位:大塚製薬 ウル・オス 日やけ止め

1位のビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンスはこちらです。
»ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス」がおすすめ。

日焼け止めの塗り方と落とし方

塗り方と落とし方

では詳しく見ていきましょう。

①:日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方は下記の5ステップです。

日焼け止めの塗り方
  1. 500円玉の量を手の甲に出す
  2. 両頬・おでこ・鼻・あごに置く
  3. 指の腹でタップするように伸ばす
  4. 目元・口周り・首元に置いて伸ばす
  5. 100円玉の量を追加でつける

日焼け止めをの塗り方のポイントは、500円玉の量を使うことです。

使う量が少ないと日焼け止めの効果を発揮できません。

効果を発揮させるには、顔全体で0.8g(約500円玉1個分の量)を塗ると決まっているのです。

そのため、必ず500円玉1個分の量を使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは量をケチると効果を発揮しない。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

②:日焼け止めの落とし方

日焼け止めの落とし方は下記の6ステップです。

日焼け止めの落とし方
  1. 濡れた手でも使えるクレンジングを用意する
  2. クレンジングを手にのせる
  3. 手のひらで伸ばす
  4. 顔全体に手のひらでつける
  5. ぬるま湯をつけて乳化させる
  6. ぬるま湯ですすぐ

日焼け止めを落とすポイントは、クレンジングをすることです。

メンズ日焼け止めには、「洗顔料で落とせる」アイテムが多くあります。

ですが、洗顔料だけではしっかりと落とせないことが多いのです。

日焼け止めが落とせずに肌に残ってしまうと、「毛穴の黒ずみ」や「ニキビ」の原因になります。

そのため、クレンジングを使い日焼け止めを落としてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは洗顔料だけでは落とせない。

正しい日焼け止めの落とし方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい落とし方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!