メンズ美容液の使い方【50種類使ってきたスキンケアエキスパートが解説】

メンズ美容液の使い方【50種類使ってきたスキンケアエキスパートが解説】
  • 美容液の使い方が知りたい…
  • どの順番でスキンケアはすればいいの?
  • 美容液をつけるタイミングは?

まず結論からいいますと、メンズ美容液の使い方は下記の5ステップです。

メンズ美容液の使い方
  1. 化粧水をつける
  2. 500円玉くらいの量を出す
  3. 両手で温める
  4. 手のひらで優しくのせる
  5. 顔全体につけたら完了

もし、使い方や使う順番を間違えてしまうと、肌が乾燥して「インナードライ」につながるため注意しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、50種類以上の美容液を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、メンズ美容液の正しい使い方をお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

メンズ美容液の使い方

メンズ美容液の使い方

では詳しく見ていきましょう。

【ステップ①】化粧水をつける

【ステップ①】化粧水をつける

まずは、美容液をつける前に化粧水をつけましょう。

美容液をつけるタイミングは、「①洗顔」→「②化粧水」→「③美容液」となっています。

そのため、美容液の前に化粧水で肌にうるおいを与えましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は化粧水の後につける。

正しい化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»化粧水の正しい使い方

【ステップ②】500円玉くらいの量を出す

【ステップ②】500円玉くらいの量を出す

次は、手のひらに500円玉くらいの美容液を出しましょう。

メーカー推奨の量よりも、1プッシュ多めがオススメです。

この理由ですが、あご下や首元にも美容液をつけるためです。

メーカーが指定している量では、あご下や首元に使うには少し足りません。

首元も乾燥でハリ不足ができるため、少し多めに出してつけましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

手のひらに500円玉くらいの美容液を出す。

化粧水が乾く前に付ける

美容液は化粧水が乾く前に付けてください。

化粧水が乾くということは、肌の水分が蒸発しているためです。

肌の水分の蒸発を防ぐためにも、肌が濡れている状態で美容液をつけましょう。

【ステップ③】両手で温める

【ステップ③】両手で温める

次は、両手をあわせて美容液を温めましょう。

美容液は冷たいと肌に浸透しにくいためです。

そのため、3~5秒ほど手のひらで美容液を温めましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液を手のひらで温めると肌に浸透しやすくなる。

【ステップ④】手のひらで優しくのせる

【ステップ④】手のひらで優しくのせる

次は、手のひらで優しく美容液をのせていきましょう。

美容液を肌にのせるときのポイントは、肌をこすらないことです。

肌をこすると、ハリを作る成分がヘタってしまい「肌のハリ不足」になるためです。

そのため、手のひらで優しく美容液をのせるようにつけていきましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は手のひらで優しくのせるようにつける。

美容液をつける順番

美容液は、乾燥しやすい頬から順番にのせていきましょう。

  1. 口元
  2. おでこ
  3. 目元

塗り忘れなく顔全体に塗れば大丈夫です。

【ステップ⑤】顔全体につけたら完了

【ステップ⑤】顔全体につけたら完了

最後は、顔全体に美容液をつけたら完了です。

肌の乾燥につながるため、鏡を見ながら塗り残しがないように注意してください。

猫永(スキンケアエキスパート)

顔全体に美容液をつけたら完了。

あご下や首元にも付ける

美容液はあご下や首元にも付けてください。

この理由ですが、肌の乾燥を防ぐためです。

特に、首元は乾燥しやすく「首のしわ」にもつながってしまいます。

首のしわを防ぐためにも、手の残っている美容液を付けましょう。

美容液を使うときの4つのポイント

美容液を使うときの4つのポイント

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】悩みに合った美容液を使う

1つ目のポイントは、悩みに合った美容液を使うことです。

美容液は化粧水や乳液では解消されない、肌の悩みに合わせて使うアイテムです。

例えば、しわに悩んでいるなら、しわ予防に関する美容液を使ってください。

肌の悩みがない場合は美容液を使う必要はないので、無理して使わないようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌の悩みに合う美容液を使う。

【ポイント②】化粧水が乾く前につける

【ポイント②】化粧水が乾く前につける

2つ目のポイントは、化粧水が乾く前につけることです。

この理由ですが、肌が乾燥してしまうためです。

化粧水が乾くのは、油分のふたがないことで水分が蒸発しているためです。

肌の水分が蒸発すると、肌が乾燥して「肌荒れ」の原因になってしまうのです。

そのため、化粧水が乾く前の、肌がびちゃびちゃの状態で美容液をつけてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水が乾く前に美容液でうるおいを閉じ込める。

【ポイント③】ハンドプレスでつける

【ポイント③】ハンドプレスでつける

3つ目のポイントは、ハンドプレスでつけることです。

肌を押さえるといっても強くではなく、優しく負担がない程度にしましょう。

強く押さえてしまうと、肌のハリ不足につながるためです。

そのため、手のひらで優しく包み込むように馴染ませてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

手のひらで優しく包み込むようにつける。

ハンドプレスとは?
ハンドプレスとは、手のひらで軽く肌を押さえて馴染ませる方法のことです。

【ポイント④】マッサージはしない

4つ目のポイントは、マッサージはしないことです。

この理由ですが、顔のマッサージをすると肌のハリ不足になるためです。

顔の皮膚はティッシュ1枚のさらに半分の薄さしかありません。

その薄い皮膚を動かすことで、肌のハリを作っているコラーゲンやエラスチンという成分がヘタるのです。

ハリを作る成分がヘタることで、肌のハリ不足につながってしまうわけです。

そのため、ハリ不足を作らないためにも、顔のマッサージはしないようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

顔のマッサージをすると肌のハリ不足につながる。

【注意】間違った美容液の使い方4選!

【注意】間違った美容液の使い方4選!

では詳しく見ていきましょう。

【NG①】美容液だけしか使わない

【NG①】美容液だけしか使わない

1つ目の注意点は、美容液だけしか使わないことです。

美容液だけでは水分補給ができずに、肌が乾燥するためです。

男性の肌は、女性の半分以下の水分量しかありません。

水分量が少ない肌に美容液しか使わないと、肌が乾燥して顔のテカリやニキビの原因になります。

そのため、「化粧水」→「美容液」→「乳液」とセットで使いましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

顔のテカリやニキビを防ぐためにも、化粧水と乳液もセットで使う。

【NG②】化粧水の前に美容液を使う

【NG②】化粧水の前に美容液を使う

2つ目の注意点は、化粧水の前に美容液を使うことです。

この理由は、美容液を先に使うことで肌に油分のふたをするためです。

肌に油分のふたをすると、水分(化粧水)は弾かれて浸透しなくなります。

化粧水が浸透しないと、肌が乾燥してしまいニキビの原因になるのです。

そのため、化粧水を付けた後に美容液を塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

ニキビを防ぐためにも、「化粧水」→「美容液」の順番で付ける。

【NG③】美容液を大量に付ける

【NG③】美容液を大量に付ける

3つ目の注意点は、美容液を大量に付けることです。

美容液を大量に付けても、肌に浸透するのは量は決まっています。

むしろ、大量に付けることで肌がふやけてしまい逆に乾燥するのです。

そのため、適量(500円玉の量)を目安に使いましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌の乾燥を防ぐためにも、美容液は適量を意識する。

【NG④】叩いて付けない

4つ目の注意点は、叩いて付けないことです。

「パンパン!」と肌の叩くように付けても、美容液は浸透しません。

叩くことで美容液が飛び散り浸透率が下がる可能性があります。

ちなみに、肌を叩くとハリを作る成分の「コラーゲン」や「エラスチン」がヘタリます。

ハリを作る成分がヘタることで、ハリ不足の原因になるのです。

そのため、優しく包み込むように付けるようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

ハリ不足を防ぐためにも、肌を叩いて付けない。

おすすめのメンズ美容液ランキング5選

おすすめのメンズ美容液ランキング5選
メンズ用の美容液
おすすめ人気ランキング
  • 1位:アクアモイス
  • 2位:ZIGEN
  • 3位:オリンプル
  • 4位:トルーク 薬用ホワイトニング フェイスジェル
  • 5位:クラース オム

1位のアクアモイスのはこちらです。
»アクアモイスの公式サイト

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「アクアモイス」がおすすめ。

メンズスキンケアのやり方【美容液のタイミング】

メンズスキンケアで美容液をつけるタイミングは、化粧水と乳液の間です。

美容液のタイミング
  1. 洗顔をする
  2. 化粧水を付ける
  3. フェイスパックをする
  4. 美容液を付ける
  5. 乳液(またはクリーム)を付ける
  6. 日焼け止めをする

※フェイスパックをしない場合は、「化粧水」→「美容液」→「乳液」の順番で付ければ大丈夫です。

スキンケアで美容液をつけるポイントは、化粧水が乾く前につけることです。

化粧水が乾いているのは、肌が乾燥しているためです。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにも、化粧水が乾く前に美容液で肌にふたをしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は化粧水が乾く前につける。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

メンズ美容液のよくある質問

メンズ美容液のよくある質問

では詳しく見ていきましょう。

【質問①】美容液とは?

【質問①】美容液とは?

美容液とは、肌の悩みを予防するために使う、スペシャルアイテムです。

基本的なスキンケアは、「化粧水+乳液」となります。

その上で、保湿やアンチエイジングなど肌の悩みに合あわせて使う、スキンケアアイテムになります。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は肌の悩みに合わせて使うスペシャルアイテム。

【質問②】美容液を使うメリットってなに?

メリットは、栄養素を与えるのと肌の悩みを予防することです。

美容液のメリット
  • メリット①:「化粧水では足りないと栄養素を与える。」
  • メリット②:「保湿やアンチエイジングなど特定の悩みへの予防ができる。」

美容液は、化粧水だけでは足りない栄養を与えて、肌の悩みを予防することができるのです。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は肌に栄養を与えて特定の悩みを予防する。

【質問③】美容液をつけるタイミングは?

【質問③】美容液をつけるタイミングは?

美容液は、洗顔をして化粧水をつけたすぐ後です。

美容液のタイミング
  1. 洗顔をする
  2. 化粧水をつける
  3. 美容液をつける
  4. 乳液をつける

また、1日につける回数は、朝晩1回ずつの合計1日2回です。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は化粧水と乳液の間につける。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

【質問④】美容液って使わないとダメなの?

【質問④】美容液って使わないとダメなの?

特に肌の悩みがなければ使わなくて大丈夫です。

保湿やアンチエイジングなど、特定の肌の悩みがある場合のみ使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌の悩みがないときは、美容液は使わなくて大丈夫。

【質問⑤】美容液って複数使っていいの?

【質問⑤】美容液って複数使っていいの?

複数の美容液を同時に使っても大丈夫です。

ただし、油分が多い美容液を先に使うと水分がはじかれて浸透しなくなります。

そのため、美容液を複数使う場合は、水っぽいものから順番につけるようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

複数の美容液を同時に使っても大丈夫。

【質問⑥】美容液を使ったら乳液はしなくていい?

【質問⑥】美容液を使ったら乳液はしなくていい?

ダメです。乳液も使いましょう。

乳液を使わないと肌が乾燥してしまうためです。

そのため、美容液を使うときも「化粧水+乳液」は必ず使いましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水と乳液は必ず使う。

正しい乳液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»乳液の正しい使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!