メンズ化粧水はコットンよりも手がオススメ?【メリット・デメリットを解説】

メンズ化粧水はコットンよりも手がオススメ?【メリット・デメリットを解説】
  • コットンと手はどっちがいいの?
  • メリットやデメリットが知りたい…
  • 正しい使い方ってあるの?

まず結論からいいますと、メンズ化粧水はコットンよりも「手で付けるのがおすすめ」です。

コットンを使うと下記のデメリットがあるためです。

コットンを使うデメリット
  • 【デメリット①】化粧水が早く減る
  • 【デメリット②】肌をこすりやすい
  • 【デメリット③】コットンの刺激があわない
  • 【デメリット④】ひげに引っかかる
猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、100種類以上の化粧水を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、コットンよりも手がおすすめな理由をお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

化粧水はコットンよりも手がおすすめ!

化粧水はコットンよりも手がおすすめ!

メンズ化粧水は手で付けるのがオススメです。

この理由ですが、コットンだと肌をこするリスクがあるためです。

コットンが化粧水を吸収してしまい、肌に摩擦を与えやすくなるのです。

そして、肌をこすってしまうと、摩擦によって「肌のハリ不足」の原因になってしまうのです。

肌のハリ不足を防ぐためにも、化粧水は手で付けるようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンだと肌をこするリスクがあるため、手で化粧水は付ける。

コットンを使うメリット・デメリット

コットンを使うメリット・デメリット
メリット・デメリット

では詳しく見ていきましょう。

コットンを使うメリット

コットンを使うメリット

【メリット①】清潔に使える

1つ目のメリットは、清潔に使えることです。

手だと汚れがついていたり、しっかりと洗えていない可能性もあります。

ですが、未使用のコットンであれば清潔に使うことができるのです。

そのため、衛生面が気になる場合はコットンを使うメリットがあります。

猫永(スキンケアエキスパート)

衛生面が気になるならコットンがおすすめ。

【メリット②】ムラなく塗れる

2つ目のメリットは、ムラなく塗れることです。

コットンだと手のようにデコボコしていません。

そのため、小鼻など塗りにくい部分までムラなく塗ることができるのです。

化粧水をきれいにつけたいときはコットンがおすすめです。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンだと小鼻などの細部にもムラなく塗れる。

【メリット③】手からこぼれにくい

3つ目のメリットは、手からこぼれにくいことです。

手のひらに化粧水をたっぷりのせると、こぼれてしまうことがあります。

ですが、コットンだと化粧水が吸収されるため、手からこぼれる心配がないのです。

そのため、こぼして床が塗れるのが嫌な場合は、コットンがおすすめです。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンが吸収するため床にこぼれる心配がない。

コットンを使うデメリット

コットンを使うデメリット

【デメリット①】化粧水が早く減る

1つ目のデメリットは、化粧水が早く減ることです。

コットンが吸収するため、手よりも多めに化粧水を使う必要があります。

つまり、どうしても化粧水が早く減りやすいのです。

そのため、「大量に減るのはもったいない」と感じる場合は、手で付けるのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンを使うと化粧水のヘリが早い。

【デメリット②】肌をこすりやすい

2つ目のデメリットは、肌をこすりやすいことです。

コットンが化粧水を吸収するため、摩擦が起こりやすいのです。

そのため、コットンを使うときは手よりも多めに使いましょう。

肌をこするとハリ不足の原因になるため注意してください。

猫永(スキンケアエキスパート)

摩擦によるハリ不足が気になるなら、手で付けるのがオススメ。

【デメリット③】コットンの刺激があわない

3つ目のデメリットは、コットンの刺激があわないことです。

肌の状態によっては、コットンの繊維がチクチクしたり刺激になることがあります。

そのため、敏感肌で刺激が気になる方は、手で付けるのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌質によってはコットンの繊維が刺激になる。

【デメリット④】ひげに引っかかる

4つ目のデメリットは、ひげ(髭)に引っかかることです。

コットンはやわらかいので、繊維がひげに引っかかってしまうのです。

ひげを伸ばしていない人でも、剃り忘れた日でも引っかかるためちょっと面倒なのです。

そのため、ひげを伸ばしていたり少し濃い目の方は、手で付けるのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンの繊維がひげに引っかかってしまう。

手で付ける2つのメリット

手でつける2つのメリット
メリット・デメリット

では詳しく見ていきましょう。

手で付けるメリット

手でつけるメリット

【メリット①】肌をこすらない

1つ目のメリットは、肌をこすらないことです。

手で化粧水を付けると、コットンよりも摩擦が起こりにくいのです。

肌をこすらないため、摩擦によるハリ不足を防げます。

もちろん、手でもスライドして化粧水を付けると、肌をこすってしまいます。

手で化粧水を付けるときも、軽く上から押し当てるように染み込ませていきましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

ハリ不足を防ぐためにも、手で付けるのがオススメ。

【メリット②】コットンより少ない量で使える

2つ目のメリットは、コットンより少ない量で使えることです。

コットンとは違い、手には吸収されないため化粧水を少量しか使いません。

つまり、少ない量でスキンケアができるのです。

そのため、無駄なく使いたいなら、手で付けるのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンよりも手のほうがコスパが高い。

手で付けるデメリット

手でつけるデメリット

【デメリット①】塗りにムラができやすい

1つ目のデメリットは、塗りにムラができやすいことです。

コットンに比べると、均一に塗るのが難しいです。

そのため、細かい部分まできれいに塗りたい方は、コットンを使うのがオススメです。

ただ、手でもしっかり塗れるため、そこまで気にする必要はありません。

猫永(スキンケアエキスパート)

手よりもコットンのほうがムラなく塗れる。

【デメリット②】手からこぼれやすい

2つ目のデメリットは、手からこぼれやすいことです。

手だと肌に付けるタイミングで、化粧水が少しこぼれることがあります。

そのため、床が濡れてしまうのが嫌な方には向いていません。

ちなみに、手のひらで化粧水を伸ばすことで、こぼれにくくなりますので試してみてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

手で付けると化粧水がこぼれることがある。

【コットンを使いたい方向け】
化粧水を付ける4つのポイント

【コットンを使いたい方向け】
化粧水をつける4つのポイント

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】やわらかいコットンを使う

【ポイント①】やわらかいコットンを使う

1つ目のポイントは、やわらかいコットンを使うことです。

コットンが硬いと肌をこするリスクがあるためです。

肌をこすると、肌のハリを作る「コラーゲン・エラスチン」がヘタってハリ不足につながるのです。

そのため、肌触りのいいやわらかいコットンを使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンを使うならやわらかいものを使う。

【ポイント②】手よりも多めに使う

【ポイント②】手よりも多めに使う

2つ目のポイントは、手よりも多めに使うことです。

コットンに吸収されるため、化粧水が少ないと肌をこすってしまいます。

そのため、肌にうるおいを与えるためにも、手よりも多めに使ってください。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンが化粧水を吸収するため、多めに使う必要がある。

【ポイント③】こすらないように使う

【ポイント③】こすらないように使う

3つ目のポイントは、こすらないように使うことです。

コットンを使うと肌を滑らせて使うため、こすってしまうことがあります。

ですが、肌をこすると「ハリ不足」につながるため危険なのです。

そのため、肌の上から軽く当てて、こすらないように化粧水をつけていきましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

コットンは軽く当てるように化粧水を付ける。

【ポイント④】拭き取り化粧水は使わない

【ポイント④】拭き取り化粧水は使わない

4つ目のポイントは、拭き取り化粧水は使わないことです。

拭き取り化粧水は、こすって汚れを落とす目的があります。

ですが、こするのは肌にとって、「ハリ不足」などのデメリットしかありません。

拭き取り化粧水は緊急時以外は使わないようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌をこするリスクがあるため、拭き取り化粧水はオススメできない。

【素手で付ける方法】メンズ化粧水の正しい使い方

メンズ化粧水の正しい使い方

化粧水の正しい使い方は、下記の5ステップです。

化粧水のつけ方
  1. 500円玉大の量をのせる
  2. 手のひらで広げる
  3. 両頬・おでこ・あごを中心につける
  4. 目元・鼻・口周り・首元につける
  5. 全体的に濡れば完了

化粧水を使うときのポイントは、洗顔後5分以内に付けることです。

洗顔をすると肌が乾燥しやすいため、放置すると肌荒れやニキビの原因にもなってしまいます。

そのため、肌荒れやニキビを防ぐためにも、洗顔後5分以内に化粧水をつけましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後5分以内に化粧水を付ける。

正しい化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»化粧水の正しい使い方

メンズスキンケアのやり方【簡単5ステップ】

メンズスキンケアの順番

スキンケアの正しいやり方は、下記のステップです。

朝スキンケアの手順
夜スキンケアの手順
  • ①ひげを剃る
  • 洗顔をする
  • 化粧水を付ける
  • ④乳液を付ける
  • ⑤日焼け止めを塗る
  • ①日焼け止めを落とす
  • ②洗顔をする
  • ③化粧水を付ける
  • ④乳液(またはクリーム)を付ける

メンズスキンケアのポイントは、肌をこすらずに行うことです。

こすればこするほどに、肌はたるんでしまうため危険なのです。

そのため、「洗顔→化粧水→乳液」とすべてのタイミングで、肌をこすらないように注意しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

スキンケアは肌をこすらないように注意する。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!