寝起きに顔がテカる原因とは?【ベタつきを抑える5つの対処法も解説】

寝起きに顔がテカる原因とは?【ベタつきを抑える5つの対処法も解説】
  • 朝起きると顔がベタベタする…
  • 皮脂が出る原因が知りたい…
  • 顔のテカリを抑える方法が知りたい…

まず結論からいいますと、寝起きの顔のテカリ原因と対処法はこちらです。

寝起きの顔がテカる原因
  • 【原因①】エアコンをつけたまま寝る
  • 【原因②】洗顔のしすぎる
  • 【原因③】保湿をしない
  • 【原因④】乳液をつけずに寝る
寝起きのテカリを抑える対処法
  • 【対処法①】加湿器を使う
  • 【対処法②】洗顔回数を1日2回にする
  • 【対処法③】洗顔後はスキンケアをする
  • 【対処法④】「化粧水+乳液」のセットで使う
  • 【対処法⑤】水をしっかりと飲む

もし、間違えたケア方法をしてしまうと、肌が乾燥してテカリが更に目立つため注意しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、100種類以上の化粧水を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、寝起きの顔がテカる原因と対処法についてお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

寝起きに顔がテカる4つの原因

では詳しく見ていきましょう。

【原因①】エアコンをつけたまま寝る

1つ目の原因は、エアコンをつけたまま寝ることです。

エアコンは暖房でも冷房でも、湿度を下げてしまいます。

湿度の高い夏場でも、冷房をつけると部屋の湿度は1時間で約40%まで下がります。

つまり、エアコンをつけたまま寝ると、肌の水分が奪われてしまい乾燥するということです。

肌が乾燥すると、皮脂の分泌量が増えてしまい「寝起きで顔がテカってしまう」のです。

そのため、加湿器などを使い肌の乾燥を防ぐことを意識しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

エアコンをつけたまま寝ると肌が乾燥して皮脂量が増える。

【原因②】洗顔のしすぎる

2つ目の原因は、洗顔のしすぎることです。

洗顔を1日3回以上すると、肌のうるおいを保っている皮脂が必要以上に流れます。

皮脂が必要以上に流れることで、肌のうるおいが保てず乾燥してしまいます。

肌が乾燥することで、肌を守るために皮脂量が増えて寝起きにテカるのです。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔の回数を1日2回までにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

1日3回以上の洗顔は肌が乾燥する。

【原因③】保湿をしない

3つ目の原因は、保湿をしないことです。

洗顔後はうるおいを保つ皮脂が流れます。

皮脂が流れることで、肌の乾燥につながってしまいます。

肌が乾燥すると、肌を守るために皮脂量が増えてしまい、結果として寝起きでテカってしまうのです。

そのため、洗顔後は5分以内に保湿をするようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔後に保湿をしないと肌が乾燥して寝起きにテカる。

あなたの肌質に合った正しいケア方法が知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。
»肌診断&肌タイプ別のケア方法

【原因④】乳液をつけずに寝る

4つ目の原因は、乳液をつけずに寝ることです。

乳液を使わないと、肌に油分のふたができません。

油分のふたをせずに寝ると、肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。

肌の水分が蒸発して乾燥することで、寝起きの顔がテカってしまうのです。

そのため、化粧水だけではなく乳液もつけてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

乳液をつけないと水分が蒸発して顔がテカる。

寝起きのテカリを抑える5つの対処法

では詳しく見ていきましょう。

【対処法①】加湿器を使う

1つ目の対処法は、加湿器を使うことです。

加湿器を使うことで、エアコンによる乾燥を防ぐことができます。

乾燥を防ぐことで、寝起きでも顔のテカリを抑えることができるのです。

ただし、加湿器をずっとつけていると床が湿ってしまうことがあります。

そのため、タイマー付きの加湿器で湿度を調整するのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

エアコンによる乾燥は加湿器で解決できる。

【対処法②】洗顔回数を1日2回にする

2つ目の対処法は、洗顔回数を1日2回にすることです。

洗顔回数を1日2回にすることで、肌の乾燥を防ぐことができます。

回数を減らすことで、余分な皮脂が流れずに肌のうるおいを保てるためです。

肌のうるおいが保てると皮脂量が増えないため、寝起きでもテカることがなくなるのです。

そのため、顔のテカリを抑えるためにも、朝と夜の合計1日2回の洗顔を意識してください。

正しいメンズ洗顔の1日の回数については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズ洗顔の1日の回数と理由

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔を朝と夜の合計2回までにする。

【対処法③】洗顔後はスキンケアをする

3つ目の対処法は、洗顔後はスキンケアをすることです。

洗顔後にスキンケアをすることで、肌を保湿することができます。

保湿することで皮脂の分泌量が抑えられるため、寝起きのテカリが落ち着くのです。

そのため、洗顔後は5分以内にスキンケアをするようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

スキンケアをすると肌の乾燥が抑えられテカリが予防できる。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

【対処法④】「化粧水+乳液」のセットで使う

4つ目の対処法は、「化粧水+乳液」のセットで使うことです。

化粧水と乳液をセットで使うと、与えたうるおいを肌へ閉じ込めることができます。

うるおいを閉じ込めることで、肌の乾燥が防げるため寝起きでもテカらないのです。

そのため、化粧水と乳液はセットで使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

乳液は化粧水のすぐ後につける。

正しい乳液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»乳液の正しい使い方

【対処法⑤】水をしっかりと飲む

5つ目の対処法は、水をしっかりと飲むことです。

水を飲むことで、簡単に肌の水分量を増やすことができます。

肌の水分量が増えることで、肌の乾燥を防ぎ寝起きのテカリを予防できるのです。

そのため、1日1~2リットルを目安に飲むようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

水を飲むことで水分量が増えてテカリを抑える。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!