男のおでこや鼻のテカリの原因とは?【皮脂を防ぐ8つの方法も解説】

男のおでこや鼻のテカリの原因とは?【皮脂を防ぐ8つの方法も解説】
  • 気がつくとおでこがテカテカする…
  • どうしてテカるのか気になる…
  • テカリを抑えるにはどうすればいいの?

まず結論からいいますと、男性のおでこや鼻がテカる原因や対処法はこちらです。

おでこや鼻がテカる原因
  • 【原因①】洗顔による肌の乾燥
  • 【原因②】洗顔後に保湿をしていない
  • 【原因③】化粧水だけしか使っていない
  • 【原因④】紫外線による肌の乾燥
  • 【原因⑤】男性ホルモンによる影響
顔のテカリを抑える対処法
  • 【対処法①】洗顔回数を見直す
  • 【対処法②】洗顔後にスキンケアをする
  • 【対処法③】化粧水の後に乳液を使う
  • 【対処法④】日焼け止めを塗る
  • 【対処法⑤】あぶらとり紙を使う
  • 【対処法⑥】水をしっかりと飲む
  • 【対処法⑦】ビタミンB2・B6を取る
  • 【対処法⑧】生活習慣を整える

もし、原因や対処法を間違えてしまうと、「乾燥じわ」や「ニキビ」の原因になるため危険です。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、100種類以上の化粧水を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、男性の顔や鼻がテカる原因と対処法についてお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

男性のおでこや鼻がテカる5つの原因

では詳しく見ていきましょう。

【原因①】洗顔のやりすぎ

1つ目の原因は、洗顔のやりすぎです。

洗顔を1日3~4回以上すると、うるおいを保つ皮脂が余分に奪われます。

余分に皮脂が奪われると、肌のうるおいを保てずに乾燥します。

肌が乾燥すると、「守らなきゃ!」と皮脂量が増えてしまい、おでこや鼻がテカってしまうのです。

そのため、おでこや鼻のテカリを抑えるためにも、洗顔は1日2回にしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔を1日3回以上すると皮脂の分泌量が増える。

【原因②】洗顔後に保湿をしない

2つ目の原因は、洗顔後に保湿をしないことです。

洗顔後は皮脂が流れているため、保湿をしないと乾燥してしまいます。

乾燥すると肌を守るために、皮脂の量が増えておでこや鼻がテカってしまうのです。

そのため、洗顔後は必ずスキンケアをするようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔後に保湿をしないと、肌が乾燥してテカリやすくなる。

【原因③】化粧水だけしか使わない

3つ目の原因は、化粧水だけしか使わないことです。

化粧水だけでは肌に油分のふたができません。

油分のふたをしないと、肌につけた水分が蒸発して逆に乾燥してしまうのです。

肌が乾燥することで、皮脂量が増えてテカリの原因になってしまいます。

そのため、化粧水だけではなく乳液で油分のふたをしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水だけでは水分が蒸発して乾燥してしまう。

【原因④】紫外線対策をしていない

4つ目の原因は、紫外線対策をしていないことです。

紫外線を浴びると、バリア機能が低下して肌が乾燥します。

猫永(スキンケアエキスパート)

バリア機能とは、外部からの刺激や異物の侵入を防いで、肌の水分を逃げないようにする機能だよ。

つまり、紫外線を浴びることで、皮脂量が増えて顔がテカってしまうのです。

そのため、日焼け止めクリームなどを塗って対策をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線を浴びると肌が乾燥してテカってしまう。

【原因⑤】男性ホルモンの影響

5つ目の原因は、男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンは、皮脂の分泌量を増やす影響があります。

皮脂の分泌量が増えることで、おでこや鼻がテカったり角栓が詰まりニキビにつながるのです。

そのため、生活習慣の見直しを意識しつつ、正しいスキンケアも取り組みましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

男性の肌は女性の3倍も皮脂量が多い。

顔のテカリを抑える8つの対処法

では詳しく見ていきましょう。

【対処法①】洗顔回数を見直す

1つ目の対処法は、洗顔回数を見直すことです。

洗顔回数は朝と夜の1日2回にしてください。

3回以上も洗顔をすると、肌が乾燥してテカリやすくなるためです。

そのため、テカリを抑えるためにも1日2回の洗顔を意識してください。

正しい洗顔の回数とその理由については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズ洗顔の1日の回数

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔は朝と夜の1日2回がおすすめ。

【対処法②】洗顔後にスキンケアをする

2つ目の対処法は、洗顔後にスキンケアをすることです。

洗顔後は皮脂が流れて、肌が乾燥しやすくなりテカリの原因につながります。

スキンケアをすることで、肌にうるおいを与えて守ることで、乾燥を防ぐことができるのです。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後はスキンケアで保湿をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔後は5分以内にスキンケアをする。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

【対処法③】化粧水の後に乳液を使う

3つ目の対処法は、化粧水の後に乳液を使うことです。

化粧水だけでは油分のふたがないため、水分が蒸発して肌が乾燥してテカリにつながります。

そのため、乳液を使って肌に油分のふたをしてください。

肌に油分のふたをすることで、水分が肌に閉じ込めるため顔のテカリを防げるのです。

使う順番としては、「①化粧水」→「②乳液」とつけていきましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水の後に乳液をつけるとテカリを予防できる。

正しい乳液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»乳液の正しい使い方

【対処法④】日焼け止めを塗る

4つ目の対処法は、日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めを塗ることで、紫外線による乾燥を防ぐことができます。

肌の乾燥を防げるため、おでこや鼻のテカリを予防できるのです。

紫外線は365日と雨でも曇りでも降り注いでいますので、男性でも毎日塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは男性でも毎日塗る。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

【対処法⑤】あぶらとり紙を使う

5つ目の対処法は、あぶらとり紙を使うことです。

あぶらとり紙を使うことで、一時的ですがテカリを抑えることができます。

ただし、頻繁に使ったり、ゴシゴシこすって使うと皮脂が過剰に増える可能性があります。

そのため、1日1~2回までに抑えて、優しく吸い取るように使いましょう。

あぶらとり紙の使い方
  1. あぶらとり紙を1枚取る
  2. 表裏を確認する
  3. 皮脂の多い部分にのせる
  4. 優しく押さえる

正しいあぶらとり紙の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»あぶらとり紙の正しい使い方

猫永(スキンケアエキスパート)

テカリを一時的に抑えたいならあぶらとり紙を使う。

【対処法⑥】水をしっかりと飲む

6つ目の対処法は、水をしっかりと飲むことです。

水を飲むことで、簡単に肌の水分量を増やすことができます。

肌の水分量が増えることで、乾燥を防いでおでこや鼻のテカリを予防できるのです。

そのため、1日1~2リットルを目安に水を飲むようにしましょう。

猫永(洗顔エキスパート)

水を飲むことで肌の乾燥やテカリを予防できる。

【対処法⑦】ビタミンB2・B6を取る

7つ目の対処法は、ビタミンB2と・B6を取ることです。

ビタミンB2やビタミンB6は、皮脂の分泌を整えてくれる働きがあります。

逆に不足することで、肌がテカったりニキビができやすくなるのです。

そのため、ビタミンB2やビタミンB6を意識して取るようにしましょう。

B2とB6が摂取できる食べ物

種類食べ物
ビタミンB2・卵
・牛乳
・納豆
・魚肉ソーセージ
・豚レバー
・ほうれん草
ビタミンB6・バナナ
・鶏ささみ
・にんにく
・玄米
・かつおの刺身
・さんま
猫永(スキンケアエキスパート)

ビタミンB2とビタミンB6が過度な皮脂分泌を抑えてくれる。

【対処法⑧】生活習慣を整える

8つ目の対処法は、生活習慣を整えることです。

具体的には、ストレス解消や睡眠不足の改善などです。

テカリを抑える生活習慣
  • ストレスの解消
  • しっかりと睡眠をとる
  • タバコを控える
  • お酒を控える
  • 脂っこい食べ物を控える
  • 満腹まで食べない

全部を改善するのは難しいですよね。

そのため、チャレンジできそうなものだけでもいいので、意識して取り組んでみてください。

猫永(スキンケアエキスパート)

ストレス解消や睡眠不足の改善など、できるものから取り組む。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!