化粧水やパックを冷蔵庫で保管してもいいの!?【冷やしてはダメな3つの理由】

化粧水やパックを冷蔵庫で保管してもいいの!?【冷やしてはダメな3つの理由】
  • 化粧水は冷蔵庫で冷やしていいの?
  • 冷蔵庫と常温ならどっちがいいのかな?
  • 正しい保管方法ってあるの?

まず結論からいいますと、化粧水やフェイスパックは冷蔵庫で保管してはダメです。

冷蔵庫で冷やしてはダメな理由はこちらです。

冷蔵庫での保管がダメな理由
  • 【理由①】化粧水やパックが劣化するため
  • 【理由②】肌への浸透率が下がるため
  • 【理由③】肌を傷付ける可能性があるため

もし、冷蔵庫で保管をしてしまうと、肌を傷つける可能性があるため注意しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、100種類以上の化粧水を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、化粧水やパックを冷蔵庫で冷やしてはダメな理由をお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

化粧水やパックを冷蔵庫で保管してはダメな3つの理由

化粧水やフェイスパック(マスク・シート)を冷蔵庫で冷やしてはダメです。

冷蔵庫での保管がダメな理由は、以下の3つの理由があるためです。

では詳しく見ていきましょう。

【理由①】化粧水やパックが劣化するため

1つ目の理由は、化粧水やパックが劣化するためです。

冷蔵庫で保管した場合、「冷温」→「常温」と温度変化が起こります。

この急な温度変化で、化粧水やパックが結露する可能性があります。

結露によって使用期限が短くなる可能性があるのです。

化粧水やパックは冷やす前提で作られていないため、常温で保管しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

冷蔵庫で冷やすと温度変化で劣化する。

【理由②】肌への浸透率が下がるため

2つ目の理由は、肌への浸透率が下がるためです。

冷やした化粧水やパックを肌にのせると、毛穴が引き締まってしまいます。

毛穴が引き締まることで、肌への浸透率が悪くなるのです。

肌への浸透率が悪くなると、肌が乾燥して「肌荒れ」や「ニキビ」の原因になります。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにも常温で保管しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌荒れやニキビを防ぐためにも常温で保管をする。

【理由③】肌を傷付ける可能性があるため

3つ目の理由は、肌を傷付ける可能性があるためです。

冷蔵庫で冷やすことで、化粧水やパックで結晶が発生します。

水分が冷えて結晶化すると、氷と同じで「液体」から「固体」に変わってしまいます。

固体に変わるため、肌を傷つける可能性が出てしまうのです。

そのため、肌を傷つけないためにも、常温で保管するようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

冷蔵庫で冷やすと発生した結晶により、肌が傷つく可能性がある。

化粧水やパックを保管する4つのポイント【正しい保管方法】

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】化粧水のふたを締める

1つ目のポイントは、化粧水のふたを締めることです。

ふたを閉めないと、ほこりやちりなどの汚れが入ってしまいます。

化粧水に汚れが入ると、菌が繁殖する可能性があるのです。

そのため、化粧水を使ったらすぐにふたを締めて保管をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

雑菌を繁殖させないためにも、使ったらふたをすぐに締める。

【ポイント②】直射日光や高温な場所は避ける

2つ目のポイントは、直射日光や高温な場所は避けることです。

直射日光が当たる場所で保管をすると、温度により劣化のスピードが早くなるためです。

商品が劣化することで、化粧水の効果が半減してしまうのです。

そのため、直射日光や高温な場所は避けて保管をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水は高温な場所では保管をしない。

【ポイント③】涼しく風通しの良い場所で保管する

3つ目のポイントは、涼しく風通しの良い場所で保管することです。

この理由ですが、化粧水の劣化を防ぐことができるためです。

劣化を防ぐことにより、本来の効果を発揮できるのです。

そのため、風通しのよい涼しい場所で保管をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

湿気が少ない風通しのいい場所で保管をする。

【ポイント④】フェイスパックは横にして保管する

4つ目のポイントは、フェイスパックは横にして保管することです。

フェイスパックを立てて保管すると、美容液がシート全体に広がらなくなります。

シート全体に染みていない状態で使うと、肌が部分的に乾燥してしまうのです。

そのため、美容液を全体に染み渡らせるためにも、パックは横にして保管をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液をシートに広げるためにも、パックは横にして保管をする。

化粧水やフェイスパックのよくある質問

では詳しく見ていきましょう。

【質問①】化粧水の正しい使い方とは?

化粧水の正しい使い方は下記の5ステップです。

化粧水のつけ方
  1. 500円玉大の量をのせる
  2. 手のひらで広げる
  3. 両頬・おでこ・あごを中心につける
  4. 目元・鼻・口周り・首元につける
  5. 全体的に濡れば完了

化粧水を使うときのポイントは、使用量を守ることです。

使用量が少ないと肌の乾燥につながってしまいます。

逆に多くても、肌がふやけてしまい「肌が乾燥」してしまうのです。

そのため、化粧水は適量の500円玉を目安に使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水は多くても少なくても肌の乾燥につながる。

正しい化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»化粧水の正しい使い方

【質問②】化粧水を使うタイミングとは?

化粧水を使うタイミングは、洗顔と乳液の間です。

化粧水をつけるタイミング
  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 乳液

乳液の後に化粧水をつけると、油分のふたによって弾かれてしまいます。

化粧水が弾かれると、肌の内部が乾燥してしまい「ニキビ」の原因になるのです。

そのため、「①洗顔」→「②化粧水」→「③乳液」の順番でつけましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水は必ず乳液の前につける。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

【質問③】フェイスパックの使い方は?

フェイスパック(マスク・シート)の使い方はこちらです。

フェイスパックの使い方
  1. 洗顔をする
  2. 化粧水をつける
  3. フェイスマスクを顔に貼る
  4. 10分を目安に剥がす
  5. 乳液をつける

フェイスパックを使うポイントは、10分以内に剥がすことです。

長い時間パックをしたままだと、乾いてしまい肌の水分を奪ってしまうためです。

肌の水分が奪われると、肌が乾燥して「しわ・ニキビ」の原因なってしまうのです。

そのため、フェイスパックは10分を目安に剥がすようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

肌の乾燥を防ぐためにもパックが乾くまで貼らない。

正しいメンズフェイスパックの使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»フェイスパックの正しい使い方

【質問④】化粧水・フェイスパックの使用期限は?

化粧水・フェイスパックなどの使用期限は、未開封で3年・開封済みだと1~3ヶ月以内です。

使用期限

種類未開封開封済み
化粧水製造日から3年開けた日から3ヶ月以内
フェイスパック製造日から3年開けた日から1~3ヶ月
乳液製造日から3年開けた日から3ヶ月以内
洗顔料製造日から3年開けた日から3ヶ月~半年
石けん製造日から3年開けた日から半年~1年
クレンジング製造日から3年開けた日から3ヶ月~半年
美容液製造日から3年開けた日から3ヶ月以内

使用期限は、未開封なら製造日から3年間は使用することができます。

開封済みだと、空気に触れて酸化するため、開けた日から3ヶ月以内に使うのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

使用期限は、未開封で3年・開封済みだと3ヶ月~半年以内。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!