メンズも日焼け止めが毎日必要な4つの理由【塗る時のポイントも解説】

メンズも日焼け止めが毎日必要な5つの理由【塗る時のポイントも解説】
  • 日焼け止めは毎日塗る必要あるの?
  • 塗るときのポイントって?
  • 正しい塗り方や落とし方は?

まず結論からいいますと、日焼け止めを毎日塗るべき理由は下記の4つです。

毎日塗る理由
  • 【理由①】紫外線によるしみを防ぐため
  • 【理由②】ハリ不足を防ぐため
  • 【理由③】雨や冬でも降り注いでいるため
  • 【理由④】窓や車のガラスも通り抜けるため

日焼け止めは毎日塗らないと、紫外線によって「しみ」の原因になってしまうため注意が必要です。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、50種類以上の日焼け止めを使ってきたスキンケアエキスパートの私が、メンズも日焼け止めを毎日塗る理由をお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

メンズも日焼け止めを毎日塗るべき4つの理由

では詳しく見ていきましょう。

【理由①】紫外線によるしみを防ぐため

1つ目の理由は、紫外線によるしみを防ぐためです。

紫外線を浴びることで、しみの原因となるメラニンが肌を守るために発生するのです。

その結果として、大量に発生したメラニンが肌に残ってしまい、しみとなってしまうのです。

そのため、紫外線によるしみを作らないためにも、日焼け止めを毎日塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線を浴びるだけで、しみができるため注意。

【理由②】ハリ不足を防ぐため

3つ目の理由は、ハリ不足を防ぐためです。

ハリ不足も、紫外線に含まれる「UV-A」が原因となるのです。

UV-A(紫外線)を浴びることで、肌のハリを作るコラーゲンやエラスチンという成分が切れたり破壊されます。

ハリを作る成分が破壊されることで、肌にハリがなくなり「ハリ不足」となってしまうのです。

そのため、肌のハリ不足を防ぐためにも、日焼け止めを塗ることを習慣化しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

ハリ不足を防ぐためにも毎日日焼け止めを塗る。

【理由④】雨や冬でも降り注いでいるため

4つ目の理由は、冬でも降り注いでいるためです。

紫外線は、365日と雨でも冬でも関係なく降り注いでいるのです。

天気による紫外線率

天気紫外線率
快晴時100%
晴れ80~90%
薄曇り70~80%
曇り65%
20%

ちなみに、冬でも夏場の約半分は紫外線が降り注いでいるのです。

1年通して紫外線は降り注いでいるため、「しみ」や「ハリ不足」を防ぐためにも日焼け止めを毎日塗るようにしましょう。

日焼け止めを塗る具体的な時期(季節)については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めを塗り始める時期

猫永(スキンケアエキスパート)

季節や天気に関係なく紫外線は降り注いでいる。

【理由⑤】窓や車のガラスも通り抜けるため

5つ目の理由は、窓や車のガラスも通り抜けるためです。

「しみ」や「ハリ不足」の原因になるUV-Aは、家や車の窓ガラスも通り抜けてしまいます。

つまり、家や車の中に居ても紫外線を浴びてしまうのです。

そのため、あまり外出しない場合でも日焼け止めを塗るのをオススメします。

猫永(スキンケアエキスパート)

室内にいても紫外線を浴びる可能性はある。

日焼け止めを毎日塗るときの5つのポイント

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】状況に合わせて使い分ける

1つ目のポイントは、状況に合わせて使い分けることです。

日焼け止めには「SPF」や「PA」といった数値があります。

SPFとPAの意味
  • SPF:「UV-B(日焼け・しみ)を防ぐ。」
  • PA:「UV-A(しみ・ハリ不足)を防ぐ。」

どちらも数値が高いほうが紫外線予防になるのですが、肌への負担も大きくなってしまいます。

そのため、使う日常のシーンに合わせて数値を変更するようにしましょう。

日常のシーンによる数値の目安

日常シーンSPFPA
日常生活(通勤・買い物など)10~30+~+++
野外での活動(外仕事・レジャーなど)20~30++~+++
炎天下での活動(マリンスポーツなど)30~50以上++~++++
猫永(スキンケアエキスパート)

通勤や買物などの日常使いなら、「SPF10~20」・「PA+~+++」を使う。

【ポイント②】首元までしっかりと塗る

2つ目のポイントは、首元までしっかりと塗ることです。

首が乾燥する原因は、紫外線によるダメージとなっています。

顔は日焼け止めを塗っても、首元は忘れることが多いものです。

そのため、首を乾燥させないためにも、日焼け止めをしっかりと塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは首元まで塗る。

【ポイント③】耳の後ろやフェイスラインも忘れない

3つ目のポイントは、耳の後ろやフェイスラインも忘れないことです。

この理由ですが、鏡に見えない部分は塗り忘れが多いためです。

耳の後ろやフェイスラインの際などは、塗り忘れていたりムラが出やすかったりします。

そのため、しっかりと重ね塗りをして紫外線対策をしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線対策をするためにも、塗り忘れがないように意識する。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

【ポイント④】唇には専用リップを使う

4つ目のポイントは、唇にはUVカット専用のリップを使うことです。

唇に日焼け止めを塗るのは止めてください。

日焼け止めには乾燥しやすい成分が含まれているため、乾燥しやすい唇にはオススメできないからです。

そのため、唇専用に作られた、UVカット効果のあるリップクリームを使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

乾燥しやすい唇には専用のリップクリームを使う。

【ポイント⑤】目からの日焼け止めにも注意する

5つ目のポイントは、目からの日焼け止めにも注意することです。

紫外線はエネルギーが強いため、目に入ることで「守らなきゃ!」と反応します。

脳が反応することで、しみの原因になる「メラニン」を出してしまいます。

つまり、紫外線を目で見るだけで「しみ」の原因になるのです。

UVカット機能付きのサングラスで日焼け対策をしましょう。

UVカット機能付きのサングラス

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線によるしみを防ぐためにも、サングラスをかけて目からの日焼け止めもする。

日焼け止めの塗り方と落とし方

では詳しく見ていきましょう。

【塗り方】日焼け止めの正しい使い方

メンズ日焼け止めの正しい塗り方は下記の5ステップです。

日焼け止めの塗り方
  1. 500円玉の量を手の甲に出す
  2. 両頬・おでこ・鼻・あごに置く
  3. 指の腹でタップするように伸ばす
  4. 目元・口周り・首元に置いて伸ばす
  5. 100円玉の量を追加でつける

日焼け止めを塗るときのポイントは、量をケチらないことです。

量をケチると、日焼け止めの効果を発揮できないためです。

そのため、量が多いと感じるかもしれませんが、500円玉1個分を使うようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めはたっぷり使う。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

【落とし方】日焼け止めを落とす方法

日焼け止めの落とし方は下記の6ステップです。

日焼け止めの落とし方
  1. 濡れた手でも使えるクレンジングを用意する
  2. クレンジングを手にのせる
  3. 手のひらで伸ばす
  4. 顔全体に手のひらでつける
  5. ぬるま湯をつけて乳化させる
  6. ぬるま湯ですすぐ

落とし方のポイントは、クレンジングを使うことです。

洗顔料でも落とせると書かれているものもありますが、しっかりと落ちないことがあるためです。

日焼け止めを落とせないと、毛穴の詰まりや黒ずみの原因になってしまうのです。

そのため、クレンジングを使ってしっかりと落とすようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めはクレンジングを使って落とす。

正しい日焼け止めの落とし方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止め正しい落とし方

メンズ日焼け止めクリームおすすめランキング5選

メンズ用の日焼け止め
おすすめ人気ランキング
  • 1位:ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス
  • 2位:NULL 日焼け止め メンズ ウォータープルーフ
  • 3位:ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ
  • 4位:ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル
  • 5位:大塚製薬 ウル・オス 日やけ止め

1位のビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンスはこちらです。
»ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス」がおすすめ。

日焼け止めに関するよくある質問

では詳しく見ていきましょう。

【質問①】日焼け止めの選び方は?

日焼け止めの選び方は、使うシーンや使い心地で選びましょう。

日常のシーンによる数値の目安

日常シーンSPFPA
日常生活(通勤・買い物など)10~30+~+++
野外での活動(外仕事・レジャーなど)20~30++~+++
炎天下での活動(マリンスポーツなど)30~50以上++~++++

日焼け止めの使い心地

日焼け止めの種類特徴使い心地
クリームタイプ肌への密着度も高くUVカット効果も高い。しっとり
ジェルタイプ伸びがよく保湿力が高い。しっとりでさらさら
スプレータイプ手軽に使えるため塗り直しがしやすい。さらさら
ローションタイプ爽快感があり肌への負担が少ない。さっぱり

普段遣いなら、SPF「10~30」・PA「+~+++」のクリームタイプを選べば大丈夫です。

外回りが多いなら、SPF「20~30」・PA「++~+++」のクリームタイプを選びましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

使うシーンや使い心地で日焼け止めは選ぶ。

【質問②】男性用と女性用の日焼け止めの違いは?

男性用の方がサッパリしていたり、洗顔料で落とせるタイプが多くあります。

しかし、洗顔料では落ちにくいためクレンジングを使う必要があります。

そのため、男性用や女性用など気にせずに使って大丈夫です。

猫永(スキンケアエキスパート)

男女の日焼け止めには大きな違いはない。

【質問③】ニキビの上から日焼け止めは塗っていいの?

塗って大丈夫です。

紫外線を浴びることで、酸化してニキビが悪化する可能性があるためです。

ただし、ニキビが悪化する可能性があるため、「ノンコメドジェニックテスト済み」の日焼け止めを塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

ノンコメドジェニックテスト済みの日焼け止めなら、ニキビが悪化しにくい。

【質問④】雨や曇りでも塗ったほうがいいの?

雨や曇りの日でも日焼け止めを塗りましょう。

紫外線は天気に関係なく、一年を通して降り注いでいるためです。

天気による紫外線率

天気紫外線率
快晴時100%
晴れ80~90%
薄曇り70~80%
曇り65%
20%

雨でも曇りでも紫外線は降り注いでいるため、天気に関係なく日焼け止めを塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は天気に関係なく一年降り注いでいる。

【質問⑤】毎日塗ると肌に負担にならないの?

肌への負担にはなります。

ただし、日焼け止めを塗らずに、紫外線を浴びるほうが肌へのダメージは大きいです。

肌への負担を減らすためにも、下記のポイントを意識しましょう。

負担を減らすポイント
  • 【ポイント①】SPF10~30の日焼け止めを使う
  • 【ポイント②】PA+~++の日焼け止めを使う
  • 【ポイント③】クレンジングを使って落とす
  • 【ポイント④】落とした後はスキンケアをする
猫永(スキンケアエキスパート)

肌への負担を減らすために選び方と使い方を意識する。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!