日焼け止めは何月から何月まで塗るのか?【塗る時間帯や天気も徹底解説】

日焼け止めは何月から何月まで塗るのか?【塗る時間帯や天気も徹底解説】
  • 日焼け止めを塗る時期は何月から何月まで?
  • 日焼け止が必要な時間帯は何時まで?
  • 雨とか曇りの日は塗らなくていいの?

まず結論からいいますと、日焼け止め塗る「時期」と「時間帯」と「天気」はこちらです。

日焼け止めを塗る時期・時間帯・天気

時期/時間帯/天気詳細
塗る時期(季節)毎日(365日)塗る
塗る時間帯日の出から日没まで塗る
天気雨や曇りでも塗る

冬場など日焼け止めを塗るのを止めると、紫外線による「ハリ不足」の原因になるため注意しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、50種類以上の日焼け止めを使ってきたスキンケアエキスパートの私が、日焼け止めを塗る時期や時間帯に天気についてお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

日焼け止めを塗る「時期」「時間帯」「天気」とは?

では詳しく見ていきましょう。

【時期】何月から何月まで塗る?【結論365日】

日焼け止めは「何月から何月まで」ではなく、毎日(365日)塗りましょう。

この理由ですが、紫外線は一年を通して降り注いでいるためです。

季節によっては塗らない人もいますが、紫外線(UV-A)は冬でも夏の半分も降り注いでいるため注意してください。

日焼け止めを塗らないと、「紫外線によるしみ」や「肌のハリ不足」につながるのです。

そのため、時期は関係なく毎日(365日)塗るようにしましょう。

日焼け止めを毎日塗ったほうがいい詳しい理由については、下記の記事を参考にしてください。
»男性でも日焼け止めが毎日必要な理由

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は1年通して降り注いでいるため、毎日(365日)塗る。

【時間帯】何時から何時まで必要?【日の出から日没まで】

日焼け止めを塗る時間帯は、日の出から日没までを目安にしてください。

猫永

あれ?紫外線のピークって10~14時までじゃないの?

紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2つの種類がありますが、「UV-B」のピーク時間帯が10~14時になります。

UV-Aの特徴
UV-Bの特徴
  • しみの原因
  • ハリ不足の原因
  • 肌荒れの原因
  • UV-Bの20倍も強い
  • 肌の奥(真皮深層)まで届く
  • 窓やガラスも通り抜ける
  • 光老化の原因
  • 日焼けで赤くなる原因
  • 肌が焼ける原因
  • しみの原因
  • そばかすの原因
  • 黒ずみの原因
  • 肌の表面で吸収される

注意したいのは、紫外線によるしみやハリ不足の原因になる「UV-A」です。

UV-Aは日の出から日没まで降り注いでいるのです。

そのため、日が出ている間は日焼け止めを塗るようにしましょう。

月別の日の出・日没(東京時間)

月別日の出日没
1月6時51分16時39分
2月6時42分17時09分
3月6時12分17時37分
4月5時28分18時04分
5月4時50分18時28分
6月4時27分18時52分
7月4時29分19時02分
8月4時49分18時47分
9月5時13分18時10分
10月5時36分17時26分
11月6時03分16時47分
12月6時32分16時29分
引用:日の出日の入時刻方角マップ
猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線(UV-A)は日の出から日没(5~19時)まで降り注いでいる。

【天気】雨や曇りでも必要?【天気は関係なく必要】

日焼け止めは、天気は関係なく毎日塗りましょう。

この理由ですが、紫外線は「雨」や「曇り」など、天気に関係なく降り注いでいるためです。

天気による紫外線率

天気紫外線率
快晴時100%
晴れ80~90%
薄曇り70~80%
曇り65%
20%

雨でも快晴時の20%も紫外線は降り注いでいます。

そのため、天気に関係なく日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は雨や曇りの日でも降り注いでいる。

日焼け止めの塗り方と落とし方

塗り方と落とし方

では詳しく見ていきましょう。

①:日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方は下記の5ステップです。

日焼け止めの塗り方
  1. 500円玉の量を手の甲に出す
  2. 両頬・おでこ・鼻・あごに置く
  3. 指の腹でタップするように伸ばす
  4. 目元・口周り・首元に置いて伸ばす
  5. 100円玉の量を追加でつける

日焼け止めの塗り方のポイントは、こすらずに塗ることです。

肌をこすってしまうと、摩擦により「ハリ不足」の原因になってしまいます。

そのため、スポンジなどを使って優しく塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めはスポンジで軽く抑えるように塗る。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

②:日焼け止めの落とし方

日焼け止めの落とし方は下記の6ステップです。

日焼け止めの落とし方
  1. 濡れた手でも使えるクレンジングを用意する
  2. クレンジングを手にのせる
  3. 手のひらで伸ばす
  4. 顔全体に手のひらでつける
  5. ぬるま湯をつけて乳化させる
  6. ぬるま湯ですすぐ

日焼け止めを落とし方のポイントは、洗顔料で落とさないことです。

メンズ専用だと「洗顔料でも落とせる」とありますが、実は落とせないことが多いのです。

肌に日焼け止めの汚れが残ると、毛穴の黒ずみやニキビの原因になってしまいます。

そのため、汚れをしっかりと落としてくれる、クレンジングで落とすのがオススメです。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めはクレンジングを使って落とす。

正しい日焼け止めの落とし方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい落とし方

日焼け止めのよくある質問

では詳しく見ていきましょう。

【質問①】日焼け止めは毎日塗ったほうがいいの?

日焼け止めは毎日塗ってください。

紫外線は季節や天気に関係なく降り注いでいるためです。

日焼け止めを毎日塗るべき理由については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めを毎日塗る理由

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は季節や天気に関係なく降り注いでいる。

【質問②】家にいるなら塗らなくてもいい?

いいえ、家にいても塗ってください。

この理由ですが、紫外線(UV-A)は窓ガラスも通過するためです。

そのため、自宅や車の中にいても日焼け止めは塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は家や車の窓も通り抜ける。

【質問③】外出する何分前に塗ったらいいの?

日焼け止めは、外出する直前に塗って大丈夫です。

30分前に塗る必要があると噂がありましたが、あれは嘘なので信じないように注意しましょう。

日焼け止めは塗ったその瞬間から効果がありますので、外出する直前で問題ありません。

外出する30分前に塗るのが嘘の理由については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めは外出30分前に塗るのは嘘

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは外出する直前に塗れば大丈夫。

【質問④】日焼け止めは何時間で塗り直すの?

日焼け止めの種類によって、塗り直しのタイミングは異なります。

塗り直しのタイミング

日焼け止めの種類塗り直しの時間
紫外線吸収剤2~3時間おきに塗り直す(屋外の場合)
紫外線散乱剤塗り直しの必要はない

紫外線散乱剤(さんらんざい)だと、汗で流れたりしなければ塗り直しの必要はありません。

日焼け止めの塗り直しの詳しい時間については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの塗り直しの時間

猫永(スキンケアエキスパート)

使っている日焼け止めの種類によって塗り直しは異なる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!