男性がスキンケアで得られる5つの効果とは?【アイテム別の効果・使い方も解説】

男性がスキンケアで得られる5つの効果とは?【アイテム別の効果・使い方も解説】
  • スキンケアはどんな効果があるの?
  • 化粧水を使うメリットってなに?
  • 乳液って使ったほうがいいの?

まず結論からいいますと、男性がスキンケアをする効果は下記の5つです。

スキンケアの効果
  • 【効果①】肌の乾燥を防ぐ
  • 【効果②】顔のテカリを抑える
  • 【効果③】ニキビを防ぐ
  • 【効果④】肌荒れを防ぐ
  • 【効果⑤】肌のハリ不足を防ぐ

スキンケアの効果を知らずにやり方を間違えると、肌が乾燥して「顔のテカリ」や「ニキビ」の原因になることも…。

猫永(スキンケアエキスパート)

この記事では、100種類以上の化粧水を使ってきたスキンケアエキスパートの私が、男性がスキンケアをする効果についてお伝えします。

この記事を書いた人
  • 自分の肌質をチェック
  • スマホでタップするだけ
  • たった10秒で診断完了

男性がスキンケアで得られる5つの効果

では詳しく見ていきましょう。

【効果①】肌の乾燥を防ぐ

【効果①】肌の乾燥を防ぐ

1つ目の効果は、肌の乾燥を防ぐことです。

男性の肌は女性と比べると、皮脂量が多く水分量が少なくなっています。

男性の肌の特徴

項目男性の肌の特徴
皮脂量女性の2~3倍も多い
水分量女性の半分も少ない
水分の蒸発量女性の2倍以上

つまり、女性の肌よりも水分量が少なく乾燥しやすいということです。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下してかゆみなど肌トラブルの原因になります。

しかし、スキンケアで肌にうるおいを与えることで、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

肌の乾燥を防ぐためにもスキンケアを毎日しましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

男性は女性よりも肌が乾燥しやすい。

【効果②】顔のテカリを抑える

【効果②】顔のテカリを抑える

2つ目の効果は、顔のテカリを抑えることです。

顔のテカってベタついてしまう原因は、肌が乾燥するためです。

乾燥すると、肌を守るために皮脂の分泌量が増えてしまいます。

皮脂の分泌量が増えることで、顔のテカリが目立つのです。

そのため、化粧水や乳液を使い肌の乾燥を防ぎましょう。

顔のテカリの原因
  1. スキンケアをサボる
  2. 肌が乾燥する
  3. 肌を守るために皮脂量が増える
  4. 皮脂量が増えるため顔がテカる
猫永(スキンケアエキスパート)

顔のテカリを防ぐためにも毎日スキンケアをする。

【効果③】ニキビを防ぐ

【効果③】ニキビを防ぐ

3つ目の効果は、ニキビを防ぐことです。

ニキビができる原因は、肌の乾燥です。

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が剥がれずに毛穴にふたをします。

毛穴にふたがされると、皮脂が溜まっていきアクネ菌が繁殖することでニキビになるのです。

そのため、ニキビを作らないためにも、スキンケアをしてターンオーバーを整えましょう。

ニキビができる原因
  1. スキンケアをサボる
  2. 肌が乾燥する
  3. 古い角質が毛穴にふたをする
  4. 毛穴の中で皮脂が溜まる
  5. 皮脂が好物のアクネ菌が繁殖する
  6. ニキビができる

ターンオーバーが乱れる原因と整える方法については、下記の記事を参考にしてください。
»ターンオーバーが乱れる原因と整えるポイント

猫永(スキンケアエキスパート)

ニキビを防ぐためにも、スキンケアでターンオーバーを整える。

【効果④】肌荒れを防ぐ

肌荒れを防ぐ

4つ目の効果は、肌荒れを防ぐことです。

荒れになる原因は、スキンケア不足になる乾燥です。

乾燥すると、肌を守るためにと角質が硬くなります。

角質が固くなることで、肌にゴワつきやザラつきなどの肌荒れができるのです。

肌荒れは放置すると、ハリ不足やニキビなどに発展するため注意してください。

肌荒れができる原因
  1. スキンケアをサボる
  2. 肌が乾燥する
  3. 皮膚が硬くなる
  4. ゴワつきなどの肌荒れになる
猫永(スキンケアエキスパート)

肌荒れを防ぐためにも、化粧水と乳液は洗顔後に必ず使う。

【効果⑤】肌のハリ不足を防ぐ

5つ目の効果は、ハリ不足を防ぐことです。

肌のハリ不足の原因は、紫外線によるダメージを受けることです。

紫外線を浴びると、肌のハリを作る「コラーゲン」や「エラスチン」という成分が破壊されます。

ハリを作る成分が破壊されることで、皮膚を支えることができずに「肌のハリ不足」になるのです。

そのため、ハリ不足を予防するためにも、日焼け止めを塗りましょう。

ハリ不足の原因
  1. 紫外線を浴びる
  2. 肌のハリを作る成分が破壊される
  3. 皮膚を支えることができなくなる
  4. 肌のハリ不足になる
猫永(スキンケアエキスパート)

ハリ不足を防ぐためにも、日焼け止めは毎日塗る。

アイテム別のスキンケア効果

アイテム別のスキンケア効果

では詳しく見ていきましょう。

①:洗顔料の効果

①:「洗顔の効果」

洗顔料の効果は、肌の汚れを落として肌トラブルを防ぐことです。

朝と夜の洗顔には、寝ている間と1日活動して肌についた汚れを落とす役割があります。

朝洗顔の役割
夜洗顔の役割
  • 寝ている間についた肌の汚れを落とす
  • 1日活動して出た汗や皮脂などの汚れを落とす

洗顔をすることで肌についた汚れを落として、清潔に保つ効果があるのです。

朝夜の洗顔の役割については、下記の記事を参考にしてください。
»朝と夜の洗顔の役割

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔量は、肌の汚れを落として肌トラブルを防いでくれる。

②:化粧水の効果

②:「化粧水の効果」

化粧水の効果は、肌にうるおい与えて肌を整えることです。

洗顔をすると、余分な皮脂が流れてしまい肌が乾燥してしまいます。

その乾燥を防ぐために、化粧水でうるおいを与える必要があるのです。

また、化粧水を付けることで肌を整えて、乳液やクリームの効果を高める効果もあります。

正しいメンズ化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズ化粧水の正しい使い方

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水はうるおいを与えて肌を整えてくれる。

③:美容液の効果

③:「美容液の効果」

美容液の効果は、肌に悩みに合わせた保湿とエイジングケアをすることです。

美白など、肌の悩みに合う美容液を使うことが大切になります。

肌の悩みが特にない場合は無理に使う必要はありません。

猫永(スキンケアエキスパート)

美容液は肌の悩みに合わせて使う。

④:乳液・クリームの効果

④:「乳液・クリームの効果」

乳液・クリームの効果は、化粧水で与えた水分の蒸発を防ぐことです。

化粧水だけでは、肌に油分のふたをすることができません。

油分のふたがないと、水分が蒸発して肌が乾燥します。

乳液やクリームを使うことで、肌に油分のふたをして水分の蒸発を防ぐのです。

ですので、「化粧水+乳液(またはクリーム)」のセットで使うようにしましょう。

ちなみに、肌の乾燥がひどいとき以外は、乳液だけを使えば大丈夫です。

猫永(スキンケアエキスパート)

乳液やクリームは水分の蒸発を防ぐ効果がある。

⑤:日焼け止めの効果

⑤:「日焼け止めの効果」

日焼け止めの効果は、紫外線によるダメージを防ぐことです。

紫外線は浴びれば浴びるほど、しみができてしまうのです。

紫外線によって「しみの原因になるメラニン」が発生してしまうためです。

紫外線によるしみを防ぐためにも日焼け止めをする必要があるのです。

ちなみに、紫外線は1年中降り注いでいて、窓ガラスも突き抜けるため注意してください。

日焼け止めを塗るタイミングや時期については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めを塗る季節や時間帯

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めは紫外線によるしみを防ぐ。

スキンケアアイテムの正しい使い方

スキンケアアイテムの正しい使い方

では詳しく見ていきましょう。

①:洗顔料の使い方

①:洗顔料の使い方

洗顔料の正しい使い方は下記の4ステップです。

洗顔料の使い方
  1. 手を洗う
  2. 洗顔ネットで泡立てる
  3. レモン1個分の泡を作る
  4. 顔にのせて洗う

洗顔料を使うときのポイントは、洗顔ネットを使うことです。

手では弾力のある泡が作りにくく、肌をこすってしまうリスクがあります。

肌をこすると、「ハリ不足」の原因になってしまうのです。

そのため、肌をこすらないためにも、洗顔ネットを使い泡立てましょう。

正しい洗顔ネットの使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»洗顔ネットの正しい使い方

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔料は洗顔ネットでもちもち泡を作る。

②:化粧水の使い方

②:化粧水の使い方

化粧水の正しい使い方は下記の5ステップです。

化粧水のつけ方
  1. 500円玉大の量をのせる
  2. 手のひらで広げる
  3. 両頬・おでこ・あごを中心につける
  4. 目元・鼻・口周り・首元につける
  5. 全体的に濡れば完了

化粧水を使うときのポイントは、洗顔をした5分以内に付けることです。

洗顔後は肌のうるおいを保つ皮脂が流れてしまうため、肌が乾燥しやすいのです。

化粧水を付けずに放置をすると、肌が乾燥して「肌荒れ」や「ニキビ」の原因につながることも…。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔をした5分以内に化粧水を付けましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水は洗顔後の5分以内に付ける。

正しい化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»化粧水の正しい使い方

③:美容液の使い方

③:美容液の使い方

美容液の正しい使い方は下記の5ステップです。

メンズ美容液の使い方
  1. 化粧水を付ける
  2. 500円玉くらいの量を出す
  3. 両手で温める
  4. 手のひらで優しくのせる
  5. 顔全体に付けたら完了

美容液を使うときのポイントは、化粧水が乾く前に付けることです。

化粧水が乾くと肌の水分が蒸発して、肌の乾燥に繋がるためです。

肌が乾燥した状態で美容液を付けると、「顔のテカリ」や「ニキビ」の原因になるため注意しましょう。

正しい美容液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»美容液の正しい使い方

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔料は洗顔ネットでもちもち泡を作る。

④:乳液・クリームの使い方

④:乳液・クリームの使い方

乳液・クリームの正しい使い方は下記の5ステップです。

乳液の付け方
  1. 10円玉1個分の量を出す
  2. 手のひらで伸ばして温める
  3. 「両頬・おでこ・あご」の順番で付ける
  4. 「目元・鼻・口周り・首元」に付ける
  5. 顔全体に優しくのせたら完了
クリームの付け方
  1. 顔全体にクリームを少量ずつ付ける
  2. 指先でポンポン軽く押さえながら伸ばす

乳液やクリームを使うときのポイントは、化粧水(または美容液)を付けた後すぐに使うことです。

化粧水(または美容液)の後すぐに塗ることで、肌にふたをして乾燥を防ぐためです。

すぐに塗らないと、乾燥して「肌荒れ」や「ニキビ」の原因になるため危険なのです。

そのため、化粧水(または美容液)を付けたらすぐに、乳液やクリームを塗りましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水や美容液を付けて時間を開けると、肌が乾燥するため注意。

正しい乳液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»乳液の正しい使い方

⑤:日焼け止めの塗り方

⑤:日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方は下記の5ステップです。

日焼け止めの塗り方
  1. 500円玉の量を手の甲に出す
  2. 両頬・おでこ・鼻・あごに置く
  3. 指の腹でタップするように伸ばす
  4. 目元・口周り・首元に置いて伸ばす
  5. 100円玉の量を追加でつける

日焼け止めを塗るときのポイントは、季節や天気に関係なく毎日塗ることです。

紫外線は1年を通して降り注いでおり、雨や曇も通過してしまうためです。

日焼け止めを塗らずに紫外線を浴び続けると、「肌のハリ不足」の原因になるのです。

そのため、紫外線は毎日塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線を塗らないと、ハリ不足の原因になる。

正しい日焼け止めの塗り方については、下記の記事を参考にしてください。
»日焼け止めの正しい塗り方

スキンケア効果を高める5つのポイント

スキンケア効果を高める5つのポイント

では詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】乳液とクリームは肌質で分ける

【ポイント①】乳液とクリームは肌質で分ける

1つ目のポイントは、乳液とクリームは肌質で使い分けることです。

乳液とクリームの使い分け

肌質乳液/クリーム
普通肌乳液だけを使う
脂性肌乳液だけを使う
混合肌乳液+クリームを使う(クリームは乾燥の気になる部分だけ使用)
乾燥肌乳液+クリームを使う

このように、あなたの肌質に合わせて、乳液とクリームを使い分けましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

乳液とクリームは肌質で使い分ければ大丈夫。

あなたの肌質を調べる方法は、下記のサイトを参考にしてください。
»肌タイプ診断

【ポイント②】基本は化粧水と乳液だけでOK

【ポイント②】基本は化粧水と乳液だけでOK

2つ目のポイントは、基本は化粧水と乳液を使うことです。

基本的なスキンケアは、「①化粧水」→「②乳液」だけで問題ありません。

肌の乾燥がひどいときはクリームを足して、肌に悩みがあるなら美容液を使いましょう。

特に、肌の悩みが無かったりわからないときは、「化粧水+乳液」だけで大丈夫です。

猫永(スキンケアエキスパート)

基本的な男のスキンケアは、化粧水と乳液だけで大丈夫。

正しい化粧水の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»化粧水の正しい使い方

【ポイント③】乳液は化粧水のすぐ後に付ける

【ポイント③】乳液は化粧水のすぐ後につける

3つ目のポイントは、乳液は化粧水のすぐ後に付けることです。

化粧水が浸透するまで待つ人がいますが、放置すると肌が乾燥します。

肌が乾燥した状態で乳液を付けると、ニキビができやすくなるため注意が必要なのです。

そのため、化粧水を付けたらすぐに乳液を塗るようにしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

化粧水を付けたら乾く前に乳液を塗る。

正しい乳液の使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»乳液の正しい使い方

【ポイント④】洗顔は朝と夜の2回する

【ポイント④】洗顔は朝と夜の2回

4つ目のポイントは、洗顔は朝と夜の2回することです。

洗顔を1日3回以上すると、乾燥して「肌荒れ」や「ニキビ」の原因になるです。

そのため、洗顔は朝と夜の1日合計2回行うようにしましょう。。

猫永(スキンケアエキスパート)

洗顔は朝と夜の合計2回がおすすめ。

正しいメンズ洗顔のやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズ洗顔の正しいやり方

【ポイント⑤】日焼け止めは曇りでもする

【ポイント⑤】日焼け止めは曇りでもする

5つ目のポイントは、日焼け止めは曇りでもすることです。

紫外線は365日降り注いでいます。

さらにいえば、曇りの日でも雨の日でも降り注いでいるのです。

天気による紫外線率

天気紫外線率
快晴時100%
晴れ80~90%
薄曇り70~80%
曇り65%
20%

紫外線は1年を通して降り注いでいるため注意が必要なのです。

また、窓ガラスも通り抜けるため、家や車の中に居ても安全ではないのです。

そのため、季節や天気に関係なく日焼け止めはするようにしましょう。

季節や天気に関係なく日焼け止めが必要な詳しい理由については、下記の記事を参考にしてください。
»天気や季節に関係なく日焼け止めが必要な理由

猫永(スキンケアエキスパート)

紫外線は365日降り注いでいるため、日焼け止めは毎日する。

スキンケアの正しい順番【簡単5ステップ】

メンズスキンケアの順番

スキンケアのやり方は下記のステップです。

朝スキンケアの手順
夜スキンケアの手順
  • ①ひげを剃る
  • 洗顔をする
  • 化粧水を付ける
  • ④乳液を付ける
  • ⑤日焼け止めを塗る
  • ①日焼け止めを落とす
  • ②洗顔をする
  • ③化粧水を付ける
  • ④乳液(またはクリーム)を付ける

男のスキンケアのポイントは、毎日行うことです。

スキンケアをサボると、肌が乾燥して「ニキビ」や「肌のハリ不足」の原因につながるためです。

肌トラブルを防ぐためにも、朝と夜にスキンケアをしましょう。

猫永(スキンケアエキスパート)

日焼け止めだけは朝にだけする。他のスキンケアは朝と夜の2回行う。

正しいスキンケアのやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»メンズスキンケアのやり方

男性用のスキンケアおすすめランキング5選

男性用のスキンケアおすすめランキング5選

では詳しく見ていきましょう。

①:「メンズ洗顔料おすすめ5選」

①:「メンズ洗顔料おすすめ5選」
メンズ用の洗顔料
おすすめ人気ランキング
  • 1位:バルクオム THE FACE WASH
  • 2位:HOLO BELL エッセンシャル保湿ウォッシュ
  • 3位:オルビス ミスター
  • 4位:どろあわわ
  • 5位:オルビス 薬用クリア

おすすめのメンズ洗顔料ランキングの詳細は下記からご覧ください。
»メンズ洗顔料ランキング5選

猫永(洗顔エキスパート)

迷ったら「バルクオム THE FACE WASH」がおすすめ。

②:「メンズ化粧水おすすめ5選」

②:「メンズ化粧水おすすめ5選」
メンズ用の化粧水
おすすめ人気ランキング
  • 1位:バルクオム THE TONER
  • 2位:ミスター スキンジェルローション
  • 3位:BOTCHAN フォレストトナー
  • 4位:アクアモイス
  • 5位:ZIGEN

1位のバルクオム THE TONERはこちらです。
»バルクオム THE TONERの公式サイト

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「バルクオム THE TONER」がおすすめ。

③:「メンズ美容液おすすめ5選」

③:「メンズ美容液おすすめ5選」
メンズ用の美容液
おすすめ人気ランキング
  • 1位:アクアモイス
  • 2位:ZIGEN
  • 3位:オリンプル
  • 4位:トルーク 薬用ホワイトニング フェイスジェル
  • 5位:クラース オム

1位のアクアモイスのはこちらです。
»アクアモイスの公式サイト

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「アクアモイス」がおすすめ。

④:「メンズ乳液・クリームおすすめ5選」

④:「メンズ乳液・クリームおすすめ5選」
メンズ用乳液・クリーム
おすすめ人気ランキング
  • 1位:バルクオム BULK HOMME THE LOTION
  • 2位:BOTCHAN フラワーモイスチャライザー
  • 3位:アクアモイス
  • 4位:ZIGEN
  • 5位:CRAS HOMME(クラース オム)

1位のバルクオム BULK HOMME THE LOTIONのはこちらです。
»バルクオム BULK HOMME THE LOTIONの公式サイト

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「バルクオム BULK HOMME THE LOTION」がおすすめ。

⑤:「メンズ日焼け止めクリームおすすめ5選」

⑤:「メンズ日焼け止めクリームおすすめ5選」
メンズ用の日焼け止め
おすすめ人気ランキング
  • 1位:ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス
  • 2位:NULL 日焼け止め メンズ ウォータープルーフ
  • 3位:ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ
  • 4位:ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル
  • 5位:大塚製薬 ウル・オス 日やけ止め

1位のビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンスはこちらです。
»ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス

猫永(スキンケアエキスパート)

迷ったら「ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス」がおすすめ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!